効果・メリット

 

 

太陽熱利用システム1台当たりの年間CO2削減量及び節約金額

ソーラーシステム 太陽熱温水器

集熱面積:6㎡
蓄熱槽容量:300L
設置コスト:90万円

集熱面積:4㎡
蓄熱槽容量:200L
設置コスト:55万円

集熱面積3㎡
貯湯タンク容量:200L
設置コスト30万円
燃料
LPガス 65,872円
550kg-CO2
42,625円
341kg-CO2
31,422円
357kg-CO2
都市ガス 30,407円
510kg-CO2
19,032円
316kg-CO2
15,386円
331kg-CO2
灯油 21,428円
650kg-CO2
13,058円
404kg-CO2

10,035円
420kg-CO2

【計算条件】

  1. 設置場所:東京、家族構成:4人家族
  2. 給湯負荷:M1スタンダード(住宅における年間の給湯行為を代表的な日ごと類型化して年間設定したモードで「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」(国立研究開発法人建築研究所)による。
  3. 補助熱源の給湯器の種類とモード効率: ガス給湯器 93%、石油給湯器 90
  4. 各燃料の料金単価: 総務省全国小売物価調査2017年現在より引用。エコキュートソーラーの電力料金単価については電力会社のオール電化プランより。
  5. 発熱量換算及びCO2排出係数
    ・発熱量:統合エネルギー統計 標準発熱量より引用。
    CO2排出係数:経済産業省「温室効果ガス排出量」(H223月改正)「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」より引用。電力は電気事業者排出係数(平成27年度実績)代替値を引用。
  6. 計算プログラム:TRNSYS18 (計算インターバル:1分)
  7. なお、本内容は予告なく変更することがあります。 

本試算は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を得て2015年~2018年に実施した「再生可能エネルギー熱利用技術開発/その他再生可能エネルギー熱利用トータルシステムの高効率化・規格化/太陽熱集熱システム最適化手法の研究開発」の成果を利用したものです。